Just be myself!

思ったことをありのまま…

自分用。

ピンチはチャンス。「大変」とは大きく変わる、と書く。

大変なときは、自分の中で大きな地殻変動が起きているとき。

それまでの価値観から新たな価値観への移行だ。

何もない方がおかしい。

むしろ、何もなく順調にいってますよ、なんていう人の言葉を信じてはいけない。

誰だって何度も何度も何度も、逆境に身をさらし、応戦し、勝ち越えてきた。

それをいちいち自己主張するのはおこがましい、という日本人の「謙遜の美学」がそれを覆い隠しているだけだ。

自分の中に眠る、自分を掘り出して。

「足下を掘れ、そこに泉あり」とは、ニーチェの言葉。

自分の中に眠る、神々しい自分を掘り出せるときが必ず来る。

そのための、いまは試練だ。

他者の目を気にして生きてきたのなら、すべて脱ぎ捨てて裸になればいい。

裸になったところで、誰も何とも思わない。

最も大事なことは「自分関係」。

自分を自分でどう評価し、価値づけるか。

そこに他者の評価などは必要ない。

自分を自分で愛する。

それだけでどれだけ世界は違って見えてくることか。

「自分関係」が良好な人は、結果的に他者との関係も良好になる。

だから、いま自信を失ってしまっているのなら、

信じてほしい。

お前はイケてるぜ! ってことを。

それを自分の口を使って、鏡に映った自分の瞳を見据えて言ってごらん。

信じられないかもしれないけど、本当にイケてるから。

泣きたいだけ泣いていいんだよ。

休養が必要なときはいくらでも休養をとって、好きな音楽に身を浸し、好きな映画を観て、好きな場所へ行ったらいい。

誰もそれを咎めたりはしない。

焦るな。

焦っていいことは何もない。

自分は、自分。

自分の人生は自分の歩幅で自分で切り開く。

その力はもともと人間の奥底にある。

苦しむことができる人、悩む力がある人--それは恵まれているんだよ。

それは才能だとさえ、言える。

乗り越えられない壁はない。

笑顔で前を向いて歩いていってほしい。

先輩の旦那さんが、20年後の娘へ宛てたメッセージ。

まるで私に言われてるかのようで、すごく心に響いた。

自分の人生は自分で切り開く。

頑張る。